クロスビーにスペアタイヤは装着されている?パンク時は?

<スズキ・クロスビーの車両情報>

クロスビーにはスペアータイヤがついている?

 

クロスビーは、ワゴンとSUVが融合された乗用車。

クロスビーは、アウトドアの印象もありますが、
パンクの際には、スペアータイヤはあるのでしょうか?

気になったのでチェックしてみました。

 

<結論>
クロスビーにはスペアータイヤはなく、
パンク修理キットが搭載されています。


※画像はクロスビーのものではありません。

パンク修理キットの場所

パンク修理キットは、
リアの荷室のラゲッジアンダーボックスの下に収納されています。

ラゲッジアンダーボックスの下には、
・パンク修理キット
・ジャッキ
・ジャッキのバー
・レンチ
・けん引フック

以上のパーツが収納されています。

エアーコンプレッサーもついています。

※画像はクロスビーのものではありません。

 

<取り出し方>
・リアシートを前に出して、ラゲッジボードを取り外します。
・ラアゲッジボックスを取り出します。
・その下にパンク修理キットなどのパーツがあります。

 

パンク修理剤を使用して、空気を入れて走れる状態に出来るのですが、
パンクの位置、深いキズ、裂け、バーストなどは修理できません。

パンク時の気休め程度に考えた方がいいかも知れませんが、
もしもの時に役立つかもです。

 

クロスビーの応急用スペアタイヤは、別売りで取り扱いがありました。
(スズキ純正パーツ)

スペアタイヤ単品、スペアタイヤの取付けキットがセットになったものがあり、
設定は2WD/4WDがあります。

スペアタイヤを装着すると、
ラゲッジの使えるスペースは狭くなります。

詳しくは、こちらで確認してください。
⇒ クロスビー用の純正 スペアタイヤセット 2WD
⇒ クロスビー用の純正 スペアタイヤセット 4WD

スポンサードリンク


この記事もオススメです。