クロスビーのエンジンオイルの種類や粘度やオイル量は?

エンジンルーム

<スズキ・クロスビーの車両情報>

クロスビーのオイル

今回は、クロスビーのオイルを調べてみました。

エンジンオイルは使えば使うほど汚れ性能も劣化していきます。

クルマのオイルも定期的な交換が必要です。
 
「クロスビーには、どのようなオイルが使われているのでしょう?」
 

クロスビーのエンジンオイルをチェックしていきます。
 
エンジンオイルは、エンジンによって変わりますので、まずはクロスビーのエンジンから。

エンジンルーム

<クロスビーのエンジン>
型式:K10C型 4サイクル直列3気筒直噴ターボ
排気量:996CC
燃料:レギュラーガソリン

グレードは、「ハイブリッドMZ」と「ハイブリッドMX」がありますが、両方とも同じエンジンです。

どちらのグレードも同じオイルを使用しています。

クロスビーのエンジンオイル

クロスビーに使用されているエンジンオイル

スズキ純正エンジンオイル
グレード エクスターF SN 5W-30

スズキ純正エンジンオイル
エクスターF

SN SAE:5W-30

APIガソリンエンジン用はSJ→SL→SM→SNの順に、グレードアップします。

SNは高いグレードのオイルです。
 
エンジンオイルは「低温時では硬く、高温時では柔らかい」という特性をしています。

オイル粘度を表した代表的なものとして「SAE規格」があります。

SAE:5W-30

5W-30は、オイルの「低温時での粘度と高温時での粘度」を表したもの。

5Wが低温時での粘度で、「5W」の「W」とは、ウインター(冬)を表し、寒い冬での粘度の度合いを指します。

この数値が小さければ小さいほど「低温時でも柔らかいオイル」です。

低粘度オイルは「燃費が良い」などの効果があります。

5W-30の30は高温時での粘度のこと。

数値が大きければ大きいほど、高温時でも硬さを保ったオイルです。

スポーツ走行などをする場合は、高いものを使用する場合が多いです。

スズキ純正以外のオイルをいれる場合は、同じグレード・粘度の「SN 5W-30」が良いです。
 

<クロスビーのオイル量>

  • オイル交換:2.7L
  • エレメント交換時:2.9L

オイルの交換頻度は?

エンジンオイルは、走行距離1万キロ、12か月ごとのどちらか早い方での交換となっています。

ただし、使用条件などでも変わってきます。

一般的には、3000~5000キロ、半年ぐらいでの交換がおすすめです。

オイルフィルター(エレメント)は、オイル交換、2回に1回交換するのが良いです。

オイルフィルター

オイルには、いろいろな種類がありますが、オイルグレードと粘度をあわせる必要があります。

SN 5W-30

オイルの交換方法

エンジンルーム

オイルは上抜きと下抜きがあり、一般的には、下から抜くパターンが多いです。

下から抜くには、クルマをリフトアップしてもちあげて、下にもぐって作業しますので、設備がないと難しいです。

また、廃油の処理がありますので、オイル交換は整備工場やカー用品店で行うのがいいです。

自分で行う場合は、廃油処理パックなどを使用するといいです。

<オイル交換作業の難易度>
取付難易度4
 
クロスビーの取付け作業はこちらが参考になります ↓

クロスビーのパーツ取付け、外し方、DIY作業にメンテナンスDVDがおすすめ!

2018.06.23

いかがでしたか?
今回は、クロスビーの「オイル交換」でした。
パーツ選びの参考になればと思います。

スポンサードリンク