クロスビーのヒューズの位置はどこ?形状は?

内装

<スズキ・クロスビーの車両情報>

クロスビーのヒューズはどこにある?

クルマを守るパーツとして「ヒューズ」があります。

電気装置や電装パーツの保護として取り付けられている重要なパーツです。

ヒューズ
ヒューズは、定格以上の大電流から電気回路を保護、
あるいは加熱や発火といった事故を防止する電子部品です。

ヒューズは、過電流が流れた時に電気回路を保護します。

過電流が流れた時は、「ヒューズが飛んだ」や「ヒューズが切れた」と言うことが多いです。

DIY作業時のミス(ショート)やパーツの故障の際に、ヒューズが切れることも。

また、エレクトロタップなどで同じ所から、タコ足接続で電源を取りすぎることで過電流になることもあります。
 

今回は、ヒューズが切れた時のために、クロスビーのヒューズの位置を紹介します。

クロスビーには、ヒューズの位置は2個所あります。

一つはエンジンルーム。

もう一つは、車内です。
 

エンジンルームのヒューズ

エンジンルーム

エンジーンルーム内の「助手席側」にあります。

ヒューズは、バッテリーの隣にあります。

黒いカバーがかぶっていて、外すとヒューズが入っています。
(ツメを解除するように、少しもちあげて取り外します)

エンジンルームには、ヘッドライト、フォグランプ、ラジエターファンなど大容量のヒューズが多いです。

車内のヒューズ

スカッフ

車内側のヒューズは、「助手席の足元」にあります。
グローブボックスの左側です。

カバーが付いていて、カバーの裏には、ヒューズの内容が書かれています。

車内には、数多くのヒューズがあり、30種類以上の項目があります。

(例)
・室内灯
・ラジオ
・アクセサリーソケット
・テールランプ
・バックランプ など

5A~30Aのヒューズがついています。

ヒューズは、色でアンペア数が分かれています。

<自動車用ヒューズの容量と色>

  • 3A:紫色
  • 5A:橙色
  • 7.5A:茶色
  • 10A:赤色
  • 15A:青色
  • 20A:黄色
  • 25A:透明
  • 30A:緑色

このようなヒューズは、DIY作業などで使ったり、動作しないときに確認することがあるかもしれません。

数多く使われているのは、低背ヒューズです。

アンペア数の確認が必要です。
違うアンペア数のヒューズの取付はNGです。

ヒューズの取付方法

ヒューズをつまんで、引き抜いて交換します。

ラジオペンチなどでつまんで抜くことができますが、ヒューズつまみがあると便利です。


 

ヒューズは目視で切れているかどうかが確認できます。

切れた場合は、中央部分がつながっていません(切れています)

※交換時は、アンペア数の確認をしてください。
※平型、ミニ平型、低背などがありますので形状に注意してください。

 
DIY作業時にはこのような商品が役立つかもしれません。

低背ヒューズの価格

形状、アンペア数の確認が必要です。

楽天価格
低背ヒューズ

 
ヤフーショッピング価格
低背ヒューズ
 

アマゾン価格
低背ヒューズ

 
その他のクロスビーの取付関連
⇒ クロスビーのグローブボックスの外し方は?
⇒ クロスビーのナンバー灯の交換方法は?
 

いかがでしたか?
今回は、「クロスビーのヒューズの位置」でした。
パーツ取付などの参考になればと思います。

スポンサードリンク