クロスビーのスズキ純正チェーンの種類や価格は?

<スズキ クロスビーのチェーン選び>
 
チェーン規制に関する改正が行われ、気象庁が警報を出すレベルの大雪時の「チェーン義務化」が決定しました。

大雪の時はスタッドレスだけでなく、タイヤチェーンの義務化を行うというもの。

「クロスビーのチェーンはどうすればいいのでしょう?」

チェーン選び方とチェーンの価格をチェックしてみました。

タイヤチェーン

 
タイヤチェーンは、降雪、凍結路などの悪路を走行するためのパーツ。

チェーンには、大きく分けると、「金属チェーン」と「非金属チェーン」があります。

最近では布製タイヤチェーンもありますが、布製は厳密にはチェーンの位置づけにはなりません。
 (装着は簡単で応急的に持っているのはアリです。)

布製のタイプは、チェーン規制時の対象にはなりません。

規制時は、「金属チェーン」と「非金属チェーン」が必要になります。

 
クロスビーには、スズキ純正パーツに、クロスビー用のタイヤチェーンの設定があります。

スズキ純正パーツは、金属のタイヤチェーンです。

タイヤチェーン(コーニック)

 スズキ純正パーツのチェーン。

コーニックは、イタリアのタイヤチェーンメーカーです。

純正のタイヤチェーンは、クロスビーの装着しているタイヤサイズに適合しています。
  (175/60R16用)
 

スズキ純正チェーンは、ジャッキアップ不要で装着が可能です。

<適合車種>
SUZUKI XBEE クロスビー
ハイブリッド
型式:MN71S
年式:17年12月~

 
スズキ純正 タイヤチェーン

タイヤサイズ:175/60R16用

2本セット

クロスビーのチェーンは、フロントタイヤに装着します。
 

特徴は、自動増締めシステム「マジックテンション」を採用。

面倒な増締めが不要で、比較的簡単に装着できます。

もしもの降雪の時に、車内に積んであると便利かもしれません。

 
<金属チェーンの特徴>

  • 価格は比較的安い
  • 耐久性に優れています。
  • はしご型(ラダー)や亀甲型と呼ばれるものがある。
  • 凍結路面でのグリップ力は非金属チェーンよりも高い。
  • 装着時の走行音がある。
  • 乗り心地はあまりよくない
  • 取り付けがやや困難。
  •         

チェーン装着時は、スピードはあまり出せません。30km/h
 

取付関連

引っぱって、引っ掛けるだけで完璧に装着できるマジックテンションシステム。
ジャッキアップ不要なタイプです。

ジャッキアップしなくていいため、取付がしやすい部類に入るチェーンですが、一度、練習で装着してみた方がいいです。

 

タイヤチェーンの価格

タイヤチェーンにはいろいろな種類があります。

スズキ純正チェーンは、確認時は25300円~でした。
※送料別途
 

楽天価格

<楽天での購入のメリット>
・価格の安い物があります。
・ポイントがたまります。
・楽天スーパーセールやポイントアップ期間があります。

上手く活用すると、安く購入できます。
タイヤチェーン スズキ純正 クロスビー

 

amazon価格

タイヤチェーン スズキ純正 クロスビー

 

ヤフーショッピング価格

<ヤフーショッピングでの購入のメリット>
・価格の安い商品もあります。
・ポイントがたまります。
・5のつく日キャンペーン(毎月5日、15日、25日)があります。

上手く活用すると、安く購入できます。
⇒ タイヤチェーン スズキ純正 クロスビー

 
ネットショップでは、ポイントアップキャンペーンなども行っていますので、ポイントも考慮するといいかも知れません。
 

まとめ

チェーンは、応急的な場合や急な雪道の対策には効果的。
 
今後、大雪による、チェーン規制がある可能性もあります。
 
冬は、もしもの時に、チェーンを車に積んでおくと安心です。
 
チェーンには、色々な種類があるので、詳しくはこちらで確認してください。
⇒ クロスビーの16インチのタイヤチェーン

 
チェーンのデメリットとして、乗り心地があまりよくないのと長距離・長時間走行には向いていません。

定期的に雪道を走行する場合は、スタッドレスタイヤの装着がよいです。

通常はスタッドレスタイヤで規制時に装着したり、夏タイヤの時の、急な降雪に有効なのがタイヤチェーンです。
 

クロスビーのスタッドレス(冬用タイヤ)に関してはこちらを参考にしてください。
⇒ クロスビーのスタッドレスタイヤセット 175/60R16

 
その他のチェーン関連パーツ

クロスビーの使い捨てのチェーン!スタック時や急な降雪時に使用可能なパーツ

2018.12.03
 
いかがでしたか?
今回は、クロスビーの「チェーンなど純正の冬用パーツ」でした。
パーツ選びの参考になればと思います。

スポンサードリンク